盲導犬アンソニーがゆく!

アンソニー(♂)  盲導犬アンソニーは、財団法人日本盲導犬協会より無償貸与されています。     

 

2007年08月14日

「アンソニーの掌〜て」

20070812n[lX.jpg

「アンソニーと二人仲良く手をつないで歩いています!」

アンソニーは家の外では私の目の代わりになり、あらゆる障害物や危険から身を守り、安全で快適な歩行を提供してくれる、とても心強くて頼母しいナイスガイです。
家の中ではいつだって私の心を癒してくれる、とても優しくてチャーミングなナイスボウイです。
私はそんなアンソニーをとても尊敬しています。
彼と私をつなぐ白い胴輪「ハーネス」の存在は、もはや道具ではなく「手と手をつないで共に歩いているような感覚」的なモノです。
「アンソニーと二人仲良く手をつないで歩いています!」と言うとたいてい皆さんに笑われます(smile)。でも仲良しだったらそれが嬉しくて、つい手をつないで歩きたくなりますよね!そんな感覚に似ています。友達のように家族のように恋人同士のように、大切な人とは手をつないで歩きたい。私にとってアンソニーはそんな大切な大切な存在になりました。
つらいことがあった時 悲しみに満ちた日、嬉しさがこみあげてきた瞬間 楽しい時間を駈けぬけているとき私はいつだってアンソニーと仲良く手をつないでいます。そう、悲しみは薄れゆき、ステキなことはさらに輝き、彼と手をつなぐだけで不思議と力がみなぎってくるのです。
*なぜか、ハーネスには猫がよってきます!
◆◇ ヨーコ  & アンソニー  ∪=^ェ^=∪ ◇◆ 
posted by アンコ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、はじめまして。
今日、初めて拝見しました。
頼もしい相棒のアンソニー君との日記、楽しみにしています(ニッコリ)。
ハーネスから伝わってくるのは、単に相棒の動きだけじゃなくて、もっと違う何かがありますよね。
2回ほどしかハーネスで歩行体験したことがありませんが、それでも、今でもその感覚が忘れられません。
Posted by パパーウオーキング♪ at 2007年09月05日 03:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51399173

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。